注文住宅で諸費用考慮

注文住宅を建てると必要になるのが費用ですが、この費用は3種類に分類することができます。それは、土地購入代金と注文住宅建築代金それに双方に係る諸費用というものです。通常諸費用は、建築費の10%と言われていますが、注文住宅を建てようとする場所や土地によっては、余分な費用がかかることになります。

諸費用を考えると、「土地の購入」では、1千万円以下なら5千円で、5千万円以下なら1万円それを超えて1億円以下なら3万円の印紙税を契約書に貼り、不動産業者には仲介手数料として、「物件価格×3%+6万円」と消費税を払わなくてはなりません。注文住宅が完成すると、建物の所有権保存登記や建物の所有権移転登記それに土地の所有権移転登記が必要で、住宅ローンを組んでいれば、抵当権設定登記も同時に行わなくてはならないのです。これらにも法務局の印紙税が必要で、登記代行手数料がかかってきます。

そして、状況によって必要になるのが、地盤調査費やガス・給排水工事は、公共のものと接続する費用で、地盤が悪ければ、地盤改良工事費が必要になるのです。これ以外に確認申請料や竣工検査料それに住宅瑕疵担保責任保険加入がありますが、建築業者が負担すべきものと考えます。

Writen by 運営者